シースリーをおすすめする5つのポイント

全身脱毛するなら一番安いシースリー

シースリーは追加料金無く、全身脱毛53ヶ所が毎月通いやすい定額で出来る事です。

定額制なので他社だと回数制限あったり、費用が高くなるところが非常に安く

他の脱毛サロンでは、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると追加料金が発生しがちです。ところが、シースリーの場合は回数がかかりがちな各部位の脱毛を何回でも通って脱毛できる通い放題の定額コースなので安心です。

何回通う必要があるか不安を抱いているおすすめ。追加料金なしで通うことが出来るので

脱毛は毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく1回の脱毛では完全に無くなる事はないです。脱毛サロンでは通常は12〜18回通わないといけません。




安い定額なのに全身53ヶ所もの部位を脱毛可能

脇やVラインは、最もひと目に触れやすくデリケートな箇所なので、そんな時こそプロフェッショナルなサロンで

普通のサロンでは同じ全身脱毛でも、脱毛箇所は30ヶ所程度です。シースリーが優れているのは脱毛部位が53ヶ所行ってくれます。

詳しくはこちら


シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリーでは全店舗で純国産の最高級脱毛器を使っています。国産なので、日本人女性の特性にあわせて設計されているので、

詳しくはこちら


手数料不要!引っ越ししても店舗移動出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

脱毛費用を全額納めた後で事情があり、脱毛サロンに通えなくなった際や通いたくなくなった時は、コースの途中で解約することができます。解約時には、コース料金の中から施術済みの料金を差し引いて返ってきますが、別途違約金が発生するサロンもあるようです。高額のコースを契約する時は、解約したらどうなるかをきちんと確認することが大切です。

肌にタトゥーがあっても問題なく脱毛サロンで施術を受けられるのでしょうか。脱毛サロンの利用を検討している人からすると不安材料ですよね。あいにくですが、施術法がフラッシュ脱毛なので、脱毛サロンでは脱毛するのがタトゥーのある部分ならばおそらくできないでしょう。施術のフラッシュは黒色に反応するため、それによりタトゥーの部分が火傷するリスクがあるためです。

女性の肌は生理中デリケートになるため、サロンで脱毛を行うのは控えるべきです。最中に限らず、生理前後の三日間まで脱毛施術を拒否するサロンも見られるので、チェックした上で契約しなければなりません。生理が変則的でいつになるか読めないという方は、影響のない箇所に限れば生理の間も施術がOKのサロンを選びましょう。直前に施術を取り止めた場合にも特にペナルティを課されないお店もお勧めできます。

脱毛サロンに行くときは原則、施術箇所をシェーバーなどで処理してから施術に臨むでしょう。なぜかと言うと、生えたままのムダ毛があると毛穴まで光線を届けようとしても妨害されて、施術にマイナスだからです。脱毛サロンに行く当日に剃っておくと、肌がシェービングでダメージを受けていることもありえるので、施術の前の日までに除毛しておいた方がいいです。

つまるところ、全身を脱毛サロンで脱毛した場合、出費の合計はどれほどになるのか多くの人にとって関心事項でしょう。しかしながら、その人その人でムダ毛の量が異なるため、あらかじめ正確に計算しようとしても難しいものです。例えば20万円弱で済む人もいれば、50万円以上かけて全身脱毛する人もいます。ただし、以前のような100万円などという高額になることはなく、契約前のカウンセリングで大体の金額はわかるようになっています。

実際に、大きな脱毛サロンほど安い利用料で脱毛できます。それは、企業間でより安く提供し、より多くの顧客を得ようとしているためです。有名な脱毛サロンには顧客が多いので、それより小さいサロンよりも低くできるのです。ですが、安いところを利用する人が多いと、予約がかなり先まで埋まっていたり、それによって細かいサービスがなく、いわゆるマニュアル接客の場合も多いようです。料金が高いと手が出しづらいでしょうが、大手だからと言っても後悔してしまう可能性も無いとは言い切れません。

サロンでの脱毛は施術を受けに行く前に必ず脱毛する箇所をシェービングしておかないとだめです。処理が不完全だと、悪いときにはサロンに施術を拒まれてしまいます。一方で、シェービングをサービスしてくれるサロンも見られ、どんな対応になるかサロンによって様々です。脱毛サロンに足を運ぶからには断られては元も子もありませんので、心に留めておきましょう。

女性芸能人などが脱毛サロンの広告塔に抜擢されることは今では当たり前になっています。しかし、その脱毛サロンを使って施術を受けたなどといったことは不明です。サロン側が契約を取りたい世代によってもイメージモデルが変わります。自分の好きな芸能人がお勧めしているという、そこだけを気にして脱毛サロンを決めるのは無茶な考えでしょう。

利用する脱毛サロンを決めるのに、口コミサイトの評価などが選択にとても影響するといえます。その店舗を利用していた人からの評判は気になりますが、脱毛を受けてみて思ったことはもちろん、スタッフの対応の感じ方なども人によって違ってくるでしょう。なので、体験コースなどを使ってみて、自分に合うサロンを探すのが一番です。

脱毛を予定している箇所のムダ毛は前日までに毛抜き以外の方法で自己処理しておくことが必要です。毛が伸びすぎていれば照射による熱が集中してしまい皮膚に炎症を起こしたり、脱毛本来の目的である、毛根部分に効果が表れにくくなったりと、脱毛施術自体出来ずに、最悪、そのまま帰る羽目になることもありえます。処理の方法はカミソリでも結構ですが、電気シェーバーの使用が一番望ましいです。断じて抜いてはいけません。抜いてしまうと、光を当てるはずの毛がない状態なので、施術による脱毛効果が期待できません。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

ページの先頭へ